通訳、翻訳、音楽な日々


by sarah103
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

大切な人への手紙

先日子供の学校で授業参観があった。下の子の教室に行くとママ友が私に会うなり、「犬にまで英語教えてるわけ?」と聞いてきた。おかしいなと思ったが、子供達の作文が貼られていた教室の後ろの壁を見てすぐに納得した。下の子が、我が家の飼い犬に宛てて手紙を書いていたからだ。

「○○さま(犬の名前)、2さいでえいごがわかるのはすごいです。こんどえいごをおしえてください。これからもよろしくおねがいします」(原文まま、途中抜粋)

我が家の場合、産まれて数ヶ月の子犬を譲ってくれた方が、引き取る前に英語で躾をしていらしたので、それに習って最初は英語で通した。とはいえそれは「Sit」「Wait」「Come」ぐらいなものであり、なにも日常的に英語で犬と会話をしているわけではない。

しかしこのことは下の子の心のどこかにずっとひっかかっていたようだ。自分が1,2歳の赤ちゃんだった頃には日本語でさえまともにしゃべれなかったのにうちの犬はすごい、と手紙を書く気になったらしい(笑)

ちなみに他の子供達は、父母や祖父母に宛てて感謝の気持ちをこめた手紙を書いていた。
担任の先生の指示は「大切な人にお手紙を書いてみましょう」だったと聞く。
うちの子だけが犬宛であった。下の子は犬とは仲良しであり、それはとても喜ばしいことではあるが、いったい誰に似たのだろう・・と少し考え込んだ秋の一日だった。
[PR]
トラックバックURL : https://sarahjoe.exblog.jp/tb/3875281
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Tomoko at 2006-09-25 00:53 x
ほほえましいじゃないですかo(^-^)o
犬も立派な家族ですものねー。
それにしても、英語ってところにフォーカスしてるところからして、きっと子供さんはSarahさんをフィルターにかけて、わんちゃんに語りかけてるんでしょうね。ママをリスペクトしてるってことですよ。素敵!
Commented by ハベル at 2006-09-25 23:57 x
お子さんの犬へのお手紙は、まるでノーマンロックウェルの世界のよう。
大好きな犬と向き合って楽しくお話しているお子さんに、困った表情のお犬さん。  そして二人の間には、英語の本が・・・ なんて。

大切にしてほしい。  その感性、いつまでも。 
それにしても、全文を読みたかったです。
Commented by bird at 2006-09-26 15:15 x
貴方のブログ、文章は品がありますよね。知ってる通訳のブログは
下ネタ、下品、他人の悪口、誹謗中傷、恋愛告白ばかりでした。頭はいいんだろうけど・・・うんざり。
 人間性の問題なんでしょうね。これからも素敵なブログを続けて下さい。
Commented by sarah103 at 2006-09-26 23:35
Tomokoさん 私も思わずうふふ・・でした。
下の子は飼い犬の名前を他の友達に教えるときに名字をつけてフルネームで紹介しますし(笑)、夏に海水浴に出かけた時には二人で、というか一人と一匹で小型のバナナボートに乗って波に浮かんで遊んでいました。そんな光景を思い出し、少しジンとしました。

フィルター!そうとは気づかなかったです。ただ英語に限らずいろんなことに興味を持ってくれるといいなと思っています♪
Commented by sarah103 at 2006-09-26 23:40
ハベルさんもお好きですか、ノーマン・ロックウェル(嬉)
彼の作品には少年や少女と動物をモチーフにしたものが数多く残されていますよね。ロックウェルは私の好きな画家でもあり、我が家にはアメリカで仕入れた彼の作品集のほとんどすべてが置いてありますが(もちろんレプリカや冊子であったり、なのですが)、最近手に取っていないので週末にでもゆっくり眺めたいと思います。

今回嬉しかった事は、”大切な人へ宛てて”という指示ではありましたが、先生が書き直しをおっしゃらなかったことです。この事をニコニコしてお話ししてくださいましたのでそれは感謝しています。
Commented by sarah103 at 2006-09-26 23:46
birdさん お久しぶりです。
私は不勉強で、他の通訳者の方のブログにはあまり訪問しておりません。そのせいもあり、状況をよく把握しておらずお返事がしづらいのですが、頂いたお言葉を励みに、ここは続けてゆくつもりでおりますのでよろしくお願いします。

相変わらずの不定期更新ではありますが、また遊びにいらして下さいね。
by sarah103 | 2006-09-25 00:20 | 雑記 | Trackback | Comments(6)