人気ブログランキング |

通訳、翻訳、音楽な日々


by sarah103
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

大切な人への手紙

先日子供の学校で授業参観があった。下の子の教室に行くとママ友が私に会うなり、「犬にまで英語教えてるわけ?」と聞いてきた。おかしいなと思ったが、子供達の作文が貼られていた教室の後ろの壁を見てすぐに納得した。下の子が、我が家の飼い犬に宛てて手紙を書いていたからだ。

「○○さま(犬の名前)、2さいでえいごがわかるのはすごいです。こんどえいごをおしえてください。これからもよろしくおねがいします」(原文まま、途中抜粋)

我が家の場合、産まれて数ヶ月の子犬を譲ってくれた方が、引き取る前に英語で躾をしていらしたので、それに習って最初は英語で通した。とはいえそれは「Sit」「Wait」「Come」ぐらいなものであり、なにも日常的に英語で犬と会話をしているわけではない。

しかしこのことは下の子の心のどこかにずっとひっかかっていたようだ。自分が1,2歳の赤ちゃんだった頃には日本語でさえまともにしゃべれなかったのにうちの犬はすごい、と手紙を書く気になったらしい(笑)

ちなみに他の子供達は、父母や祖父母に宛てて感謝の気持ちをこめた手紙を書いていた。
担任の先生の指示は「大切な人にお手紙を書いてみましょう」だったと聞く。
うちの子だけが犬宛であった。下の子は犬とは仲良しであり、それはとても喜ばしいことではあるが、いったい誰に似たのだろう・・と少し考え込んだ秋の一日だった。
by sarah103 | 2006-09-25 00:20 | 雑記