通訳、翻訳、音楽な日々


by sarah103
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

「担当さん」と私

今日は帰宅後、嬉しい知らせが立て続けに舞い込んだ。長いこと私の「担当さん」であった別々の会社に勤める二人から、30分の時間差で。一人は会社の代表に就任し、もう一人は新しく立ち上げた企業でこれまた代表取締役として指揮を執るという。

「これから現場でご一緒出来なくなるのは残念ですが、新しい担当を紹介しますので、今後ともよろしくお願いします。」お互い知らない同士の男女なのに、まるで申し合わせたかのように全く同じ台詞である。連日の徹夜作業明けで今日は眠くて仕方がなかったが、これで一気に目が覚めた。思いつくまま精一杯、祝福の言葉をそれぞれに贈り、しばしの雑談の後、電話を切った。

締切直前のある日、あと少しで書き終えられるはずの原稿を持て余していたことがあった。どうしても最後の数行がうまく訳出出来ずに苦しんだ。テンパっていると、「甘いもの食べて休憩しましょう!」と、私の好物であるニューヨークスタイルのチーズケーキを手土産に自宅まで訪ねてくれた担当さん。”鶴の恩返し”よろしく自室に籠って書き続ける(正確にはタイピング)私の作業を、子供達の相手をしながら待っていてくれた。

いつ終わるかわからないので申し訳ない気持ちでいっぱいになり、何度も帰ってくれるようお願いしたが、それでもリビングで本を読みながら笑顔で待つ彼女。子供達が遊び疲れて寝てしまい、あたりがうっすらと明るくなった頃、ようやくアップした原稿を手に彼女は自宅に戻っていった。スーツに着替えてヒールを履き、平常通り出社する為に。

またある年の暑い夏の日のこと。気難しいと評判のNY在住の米国人へ電話インタビューをしたのだが、案の定というべきか相手は途中で機嫌が悪くなり黙ってしまったことがある。
どう対処すべきか一瞬言葉を詰まらせた私だったが、その気まずい沈黙を破り「声だけ聞いていると、どっちが男で女だかわかりませんね、アハハ!」と、おどけた調子で割って入ってくれた担当さん。それも彼が苦手とする英語で。

間髪入れず相手の笑い声がスピーカーホンを通して響く。「ほんとにそうだな、その通りだ!」つられて私も笑った。その米国人はたしかに男性にしては高めの声の持ち主で、逆に私の声は女性にしては低いからだ。担当さんが機転を利かせてくれたお陰でその後約20分間のインタビューは事なきを得た。

「担当者として当然のことをしたまでだ」と言われればそうかもしれない。しかしこのような心遣いに支えられて私は今日まで歩いてこれたと思っている。仕事ではどちらも厳しかった。私の場合、”アメとムチ”で鍛えられたようなものだ。そんな二人の昇進や栄転のニュースである。嬉しくないはずがない。

“お偉いさん”になってしまった彼らと違い、こちらは相変わらずのしがない通訳・翻訳者ではあるけれど、一緒に歩んだ年月を忘れることはないだろう。
お二人には益々のご発展とご成功をお祈りします。今後ともどうぞ宜しくお願いします。
[PR]
トラックバックURL : https://sarahjoe.exblog.jp/tb/3854167
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by souisland at 2006-09-24 00:46
sarahさん♪
とてもいい担当者の方々に恵まれていたんですね。
だからこそ、素晴らしい仕事ができるんだと思います!
そしてsarahさんにはsarahさんの確固たる戻る場所もあるんだから!
「興奮と安心」、どちらも大切にしてね♪(sou)
Commented by sarah103 at 2006-09-24 23:06
souさん こんばんは!
仰る通りで、私は周りの人に恵まれてここまでこれたと思っています。
子供が産まれてからは特に担当さんには何かと助けていただいています。あちこち壁にぶち当たって、もう駄目だと思っても、担当さんの顔や声が目に浮かぶと頑張れたりするんです、不思議ですね。

はい、これからひと仕事です。がんばります!
souさん、いつもありがとうーっ♪
Commented by +M+ at 2006-09-27 00:32 x
sarahさん、元気で頑張ってますか~?

私はちょっぴり胃がキリキリっぽい毎日です(笑)。この仕事をしていると
年に必ず何度かやって来る、あの、「今回だけはホントにホントにホント
に間に合わないかもしれない!」病(?)です(笑)。

ところで、久しぶりに遊びに来させてもらったら、素敵なお話がここにも、
上にも♪

特にグッときたこちらにコメントすることにしました。
担当者さんたち、私からもおめでとうを言いたいです! 担当者さん
だったころの現場との付き合いを忘れずに、これからは、人を、
会社を、リードしていってほしいですね(^^)v
Commented by sarah103 at 2006-09-27 22:52
+M+さん はい、なんとかやってます!これから本読みに入るところでした。ところで、大丈夫ですか?私もいつも綱渡りの生活で、とても他人事と思えません。でも、あまり無理しないでくださいね。

コメントを有難うございます。+M+さんもそうだと思いますが、それぞれの担当さんと、またそれぞれに一緒に締切地獄?を乗り切ってきた思い出があります。ええ、お二人には今後は経営のトップとして、ぜひ素晴らしい手腕を発揮していただきたいと願っています。
私達も、がんばりましょう~。遊びに行きますから待っててくださいね。TTYL♪
by sarah103 | 2006-09-21 23:44 | 通訳・翻訳いろいろ | Trackback | Comments(4)