通訳、翻訳、音楽な日々


by sarah103
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

先週のこぼれ話

先日の通訳案件のうちひとつは多国籍チームと。皆同じ外資系企業勤務のエグゼクティヴだが、統括担当地域がそれぞれ北米、アジア・パシフィック、ヨーロッパ(二分割)と異なる。来日目的は市場の視察と営業戦略策定だ。

休憩時間の私のひそかな楽しみが、彼らの”けなしあい”だった。
まずオーストラリア人が「Englishというけれど、アメリカ人の話す言葉は米語であって英語じゃない。大統領の英語も聞けたものじゃない」と口火を切る。

するとアメリカ人が「英語を話す国は多いが、オーストラリア人のひどい訛りの英語は何とかならないものか。国をあげて発音を矯正したほうが良い」と返す。

それを聞いていた英国人が「二人とも英語がまるでなっていない。僕が教えてあげるからやり直せよ」と間に入る。

そこにオランダ人が「英語しか話せないキミらの話は聞きたくない。だいたい世界が狭すぎる。僕らだったら最低3ヶ国語は話せるよ」とからかう。

この調子でしょっちゅうやりあうものだから、打ち合わせが滞ったこともしばしば。
食事先にも意見がまとまることはまずなく、日本側の担当者は困っていた。

しかも皆よく食べる。通常私は出張で同行する以外での、通訳業務を必要としない食事の席は業務外として極力お断りしている。しかしこの顔ぶれを一人で連れてゆくのが不安だという担当者の上司から懇願され、一度だけ同席した。

串揚げが評判のその店では旬の素材30種を常備、客の食べるスピードにあわせて一本づつ揚げてくれる。客は好きなところでストップをかけるのが約束事だ。

カウンター席に座り「おいしいです」を連発し、「おかわり、プリーズ」と二人が3巡めを頼んだ時だ。店主が静かに、しかし私に向かってきっぱりとこう言った。
「味のわからん外人さんに、これ以上出せるものはありません」

1巡30本は日本人でもかなり食べる方に入る。60本はまさかの串数らしい。
私に怒らないで欲しいと思ったが、大食漢に押しかけられた店も迷惑だったろう。
みな食べっぷりも仕事っぷりも豪快なビジネスマン達だった。

*     *     *     *     *     *     *     *        

今週はオーストラリア企業のヘッド以下3名とご一緒した。官公庁と取引先への表敬、プレゼンとトラブル・シューティング中心の業務だった。
お馴染みの表現、"Let's have a break.(ちょっと休憩しよう)"は、彼らによると典型的な米語であって正しくは(?)"Let's have a spell."というらしい。
業務の合間に表現のあれこれを教えてもらい、収穫の一週間。
米語中心の会議ではまず出番はないだろうが、オージー英語は実に楽しい。
[PR]
トラックバックURL : https://sarahjoe.exblog.jp/tb/3029076
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by souisland at 2006-04-29 22:53
sarahさん おかえりー(^^)
世界は同じですねー!おっさんはそんな事をよもやま
ディスカッションしとる訳ですな。あぁけなしあいね…。ハハハ(^^)

今回はsarahさんリラックスしている様に私souは感じましたが
結構平常心でビジネスできたのかな?
そうならよかったなー(^^)と想うsouです。 (sou)
Commented by cassavetes69 at 2006-04-30 08:56
sarahさんどうも。
私は先日、南米の某国の知事ご一行とのアポ時刻をすっかり勘違いしていました。なんとか「トラブル」のせいにして会議途中から参加したのですが、ハリウッド・コメディばりの大慌てでした。

会議は勿論通訳してもらったわけですが、アポ時刻を勘違いするわ英語はまるで出来ないわという自分の有様に情けなくなったものです。
これじゃけなしあいにも参加できませんね。
Commented by ysmadam at 2006-04-30 14:48
ペーさんお帰りなさい♪ パーは待っていましたよ〜。今日もデジカメでカシャ、カシャ、いろいろ撮影してきましたよ(笑)。

舞台裏の話、面白いですね。異なる国の人が集まると、こんなけなしあいがあるとは、、、軽くジョブの応酬という感じ?それとももっと激しい!?興味深いですね〜。

P.S. BBQはいかがでしたか?(^^)
Commented by jupimarstmk at 2006-04-30 23:50
お帰りなさい!!
それにしても、お国柄対決、なんだか目に見えるようで
翻訳以外でいろいろご苦労されてるんだなぁ(・・あ、でも楽しみなんでしたっけ?(^-^;))とあらためてSarahさんの偉大さを感じました!
どっちもどっち・・・って感じですよね(爆)
英語圏はどこの国も、なんだかアクが強く感じますが、
一番、中立な立場なのってカナダのような気がします・・・
でもきっと彼らに言われれば、「けっ」ってけなされちゃうのかな?

BJ、いいですよねー。私もあの歌大好き!
あ、この夏、ニュージャージーのコンサートいってきます(爆)
Commented by sarah103 at 2006-05-01 03:17
souさん 戻りました!鋭いですね。おっしゃる通りで、少し気持ち的には余裕がありました。出発前は大変でしたが。今回は業務の内容と同行するお客さんのお人柄に助けられました。オーストラリアの方々は往々にして気さくで冗談好きな方ばかりで、終始リラックスムードだったからかもしれませんね。

それとsouさん、Donald Fagenの新譜をやっと聴きましたよ!
彼のちょっとひねたような独特な詩と音の世界が好きです。三部作最後だといいながら、まだまだとんがってて全く枯れてないですね。実は意欲満々で次回作が形を変えてリリースされるのでは、と勝手に期待しています。
それと!このアルバムの参加アーティストにクルセイダーズのアルバムでもおなじみのベーシスト、フレディ・ワシントンの名前があり、思いがけず嬉しかったです。ドナルド、表と比べると足が確かにちょっと、笑。
Commented by sarah103 at 2006-05-01 03:33
cassavetesさん お忙しそうですね。お疲れ様です。
そうでしたか、南米からのVIPを待たせてしまったと。やってしまったわけですね・・・。今後の社内でのお立場をつい心配してしまいますが、大変でしたね。
「ハリウッド・コメディ」に反応した私には、なぜかMartin Shortが大慌てのcassavetesさんと重なってウケました、すみません(笑)
cassavetesさんはピンポイントで相手を速攻KO出来そうですので、その場にいていただきたかったですね。次回はぜひ日本代表としてのご参加を。(英語、実はかなりお出来になるとお見受けしています)

ところで今回JALの機内オーディオでVictor Daviesがかかっていて嬉しかったです。「空港にて」は、筆者の観察眼と洞察力の鋭さが巧みな描写に繋がっているのでしょうか、読み応えのある一冊でした。またおススメを教えてください。
Commented by sarah103 at 2006-05-01 03:43
パー子さんことysmadamさん ペー、ただいま戻りました!(笑)
お写真のアップ、楽しみです。撮影時はやはりピンクのお洋服かな?

今週のオージーチームは最高でしたが、先週の多国籍チームは皆さんそれぞれ個性的で。30代1名、40代2名と50代1名という内訳ですが、それが仕事と関係ないところでもめるんです。たとえば空港で荷物を載せるカートの正しい呼び名。アメリカ人がカートと言ったらすぐ「いやあれはトロリーだ」「違う、プッシャーだろう!」などなど。どれも後ろから押して動くカゴには違いないのですが。
それぞれが担当地域のトップなので仕事でもライバル同士。冗談と本気半々で日本人の私からみると微妙な感じかな?
さすがに本会議ではそんな態度はおくびにも出さず、立派なエグゼリーノぶりでしたが、そのギャップがなんとも(苦笑)

近くに住む親戚と計画したBBQですが、急な仕事が入って私一人行けなかったのです。でも残しておいてくれたので、夕食に食べることが出来ました。お昼BBQだった家族にも結局同じメニューで迫ってみました(汗 でも、おいしかったです。

PS 「オーディオおやじ」も語録に入っていますよ・・・念のため(笑)
Commented by sarah103 at 2006-05-01 03:53
Tomokoさん 戻りました!
先週のようなケースはめったにないことなので逆に楽しみました。
そう、どっちもどっちで、ああ言えばこう言うの世界。(笑)でも、面白い切り返しをすれば大笑いして和むし、そうでなければ皮肉たっぷりに嫌味な一言が飛んでくるという・・。個人的にはここにインドの方がいらしたら最高の盛り上がりを見せたかもと思いました。

そういえばカナダは、この手の話ではまったくと言っていいほど話題に上りませんね。好感は持たれても非難されることはあまりない。考えてみれば私もカナダの方とお仕事したのは数えるほどですが、人当たりが柔らかでおだやかな気質の方が多かったような気がします。もちろんどんな国の方でも、個人によって違うので、ひとくくりにしてはいけないとは思うのですが。

BJライヴ、アメリカまで行かれるのですね?羨ましい~!NJということはTomokoさん大好きなNYステイなのですね。
では私の分まで一緒に歌ってきてくださいね♪
Commented by souisland at 2006-05-02 22:58
おぉーあるあるFreddie Washingtonの名前がー!
sarahさん貴重な情報ありがとうございます。
ちょっと周りに自慢できそうですよ(^^)
この三部作は完結しましたが、また新しいシリーズやってくれないかと
私も期待しています。(sou)
Commented by sarah103 at 2006-05-03 12:45
souさん ちょっとしたニヤリ♪でしょ?
フレディ・ワシントンは、そのアーティストや曲に「脈打つもの&グルーヴ」を直感したら、音楽のジャンルは関係なしにどこにでも行ってプレイする凄腕ベーシストだと以前何かの記事で読みましたが、実際近年もマイケル・ジャクソン、クルセイダーズのツアー両方に参加していましたし、あとはボズ・スキャッグスやハービー・ハンコックなどとも。
『Morph The Cat』では、「The Night Belongs To Mona」が好きでよくかけています。

今日は快晴ですが、家にこもって作業というやや暗めな?GWです。
souさん、風邪は連休中にしっかり治して復活を!
Commented by souisland at 2006-05-04 00:34
sarahさん 握手握手!
私もこの曲大好きです!次は「H GANG」かな…
ドナルド独特のメロディーですが
ハーモニカが絡んでクライマックスを迎えるあたり
なんかスティービー・ワンダーを彷彿とさせるものがあります。

今日はもう復活(^^) 活動しまくりました!(sou)
Commented by sarah103 at 2006-05-04 02:53
souさん もう復活とは!でもこれで残りの連休が楽しめますね。
イントロだけでもうこの人の曲だとわかりますが、ハーモニカが効いてていいですね。
CDs spinnin', AC hummin', Feelin' pretty~♪
Commented by +M+ at 2006-05-04 10:06 x
あははは~。それぞれのアクセントで色んな主張をしている
皆さんが想像できちゃって、ちょっと笑っちゃいました(^^)。
現在夫Cの仲良しさんの大半がオージーとアメリカン、そして
夫Cがカナディアンなのでたまに同じような会話を目撃します。
まあそうはいっても、カナディアンは「eh?」くらいしか特徴が
ないのもあり(笑)、夫Cにツッコミがきたことはほぼ皆無ですが(笑)

sarahさんは連休中も作業ですか?
私はなんとこの連休中に数日お休みを確保することができちゃった♪どうしよう! 2か月分のお休みを一気に取れちゃった感じで、うまく有意義に過ごせるか変に緊張しています!! (笑)

とりあえず、でかけてきまーす♪
c u!
Commented by ハベル at 2006-05-05 00:47 x
私は、ずっと以前に生け花を習っておりました。  はじめのうちは、何種類ものお花の名前を覚えるのもやっと・・・・・   そんな中、あるお花との出会がありました。  ”オリエンタルリリー” なんて素敵な響きの名前でしょう。  日本のゆりを交配したものらしく、 特に白い百合を先生はそう呼んでおられました。 カサブランカに似た感じですが、よりずっと小ぶり。  しっかりとした茎に、凛とした花の姿に、一目ぼれでした。  こうして、 sarahさんが、多国籍軍の方々との間で、孤軍奮闘されている姿から、 ふとこの名前が想いだされました。 いつも応援しています。  
Commented by sarah103 at 2006-05-05 03:31
+M+さん ただいま作業中~で、ちょっと休憩♪
穏やかでお優しそうなカナディアンのご主人を勝手に想像している私ですが、おっしゃるように+M+さんの場合は日常的に多国籍な方との交流がおありになるので、日々面白い発見があるでしょうね。今度そちらのお話も聞かせてください、楽しそう♪そうそう「eh?」でしたね、思い出しました(笑)

お休み取れてよかったですね。在宅作業が続くと、エイっと外に出かけるのがとても良い気分転換になります。連休中はどこも人が多いのですが、それでもこの季節、外の空気に触れるのが気持ちイイ♪
私は先々週から不在がちだったので、かたづけられなかった案件の、週明け締切りに向けて作業中です。
ただ今日は子どもの日なのでチビ達を連れてちょっと出かけようかと思っています。

例のLove&Passion、まだ途中ですがもし面白かったらタイトルを今度お教えしますね。

Enjoy!
Commented by sarah103 at 2006-05-05 03:40
ハベルさん
ずいぶんとお久しぶりです。いらして下さってすごく嬉しいです♪

オリエンタル・リリーは私も大好きなお花ですが、日本のゆりを交配したものとは知りませんでした。素敵なエピソードをありがとうございます。

そして実際の私はお花というよりは、どちらかといえば雑草に近いタイプだと思われますが、お言葉がとても嬉しいので有難く頂戴します。
元気百倍とはこのことです。励まして下さって感謝します!

ハベルさんも良い連休をお過ごし下さい。そして相変わらず変わり映えのしない内容のブログではありますが、ぜひまた遊びにいらしてくださいね。
by sarah103 | 2006-04-29 14:45 | 通訳・翻訳いろいろ | Trackback | Comments(16)