通訳、翻訳、音楽な日々


by sarah103
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

TO LOVE AGAIN

d0012141_11151811.jpg
トランペット界の貴公子と呼ばれるChris Botti。
クリスのペットと名うてのヴォーカリスト達によるデュエットアルバム(2005)だ。
甘美な音色に目を閉じて、ただただうっとりするばかり。
ヒーリング効果もあるとみた。疲れがたまっている時には特にお薦めの一枚。

Chris Botti Official Websiteで全曲試聴できます。
[PR]
トラックバックURL : https://sarahjoe.exblog.jp/tb/2626530
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 音楽の杜 at 2006-02-11 09:05
タイトル : 愛聴盤:クリス・ボッティ「When I Fall in ..
5月病を感じている暇もなく、慌しく過ごしている今日この頃、最近帰りの電車のなかで良く聞いてます。夜聞く音楽って、だいたいビル・エバンスが定番だったんですが、これもいいです。 2004年発表。トランペッターの貴公子、Chris Bottiのスムースジャズ・アルバム。名曲①「When I Fall in Love」から和みます。このトランペットの音色は、夜の疲れきった体を癒すのにぴったりです。夕暮れのドライブにも合うかもしれません。 スムースジャズ系ではチャック・ローブ(ギター)も好きで、メロ...... more
Commented by 240_8 at 2006-02-11 09:09
こんにちは!(ご無沙汰してます)
いや、びっくりしました。クリス・ボッティさんをアップされている方がいらっしゃるとは・・・。TBさせて頂きましたが、私も彼の大ファンです。秋からこの季節、彼の音楽は染み入ります。ヒーリング効果アリアリですよね。
彼のアルバムは全てお薦めです。
Commented by sarah103 at 2006-02-11 21:06
240_8さん おひさしぶりです!
240_8さんが最初にこちらにいらした時、クリス・ボッティを薦めてくださいましたよね。チェット・ベイカーの再来とも言われているようで、どんな感じかなあと気にはなっていたのです。
後日彼はStingのツアーに帯同し、Sting自身がこのアルバムと「When I Fall In Love」両方に参加していると知りました。そこでStingのヴォーカルが大好きな私は早速2枚とも入手したのでした。

ええ、すごく良いですよね。私も大好きで、疲れた時にはこれをかけながらウトウトとそのまま寝てしまうことも(笑

そちらは私にとり、マニアックな選曲のポストが多くてなかなかコメントを入れられないのですが、またあらためてお伺いさせてください。

p.s.チートリ、ウケました。ロビン・ザンダーは超美形でしたね。どことなくピーター・フランプトンとも似ているような気がします・・・。
Commented by sarah103 at 2006-02-11 21:07
それとTB、有難うございました♪
by sarah103 | 2006-02-02 23:30 | 音楽 | Trackback(1) | Comments(3)