通訳、翻訳、音楽な日々


by sarah103
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

Impressions

d0012141_24464.jpg


11月。秋も深まり、朝晩冷え込むようになると聴きたくなるのがクリス・ボッティのトランペット。
2012年リリースのアルバム『Impressions』もこれまで通り、ジャンルを超えた多彩で贅沢な
顔ぶれが参加しているが、クラシック、ジャズ、ポップありの非常に親しみやすい一枚である。

研ぎ澄まされ、洗練されたトランペットの音色に聞き惚れる。
クールなのは容姿だけじゃない。音のセンスが一級品なのだ。
ひとり過ごす秋の夜長のお供にぜひどうぞ。

今夜はアルバムのなかから元ダイアー・ストレイツのギタリスト、マーク・ノップラーとの共演で
『What a Wonderful World』を。

ミスマッチかと思いきや、ペットにギター、ボーカルが見事に融合した渋みのある一曲だ。


[PR]
トラックバックURL : https://sarahjoe.exblog.jp/tb/21279233
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by nagoyay at 2014-11-08 13:07
確かに秋の夜長にはピッタリですね。
最近のクリスは未聴なんですが、コレ、なかなか味があっていいですね。ヴォーカルもマークですか。でもやっぱりトランペットで奏でるメロディが相変わらず素晴らしい!この記事をアップされた時間に聞くのがいいかもしれませんね。
Commented by sarah103 at 2014-11-08 21:00
nagoyayさん
こんばんは。
ここのところ夜はずっとクリスのアルバムばかりです。
2年ほど前のライブで至近距離で演奏を堪能できたときのことを思い出しながら浸っています。
ポスターにサインをもらったときにほんの少しでしたが、お話しできたんですよ^^
ええ、夜も更けた頃がしっくりきますね。雰囲気が最高!
今夜もうっとり、でいきたいと思います。


Commented at 2014-11-08 22:23
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sarah103 at 2014-11-08 23:17
コメントをありがとうございます(^_-)
by sarah103 | 2014-11-07 02:20 | 音楽 | Trackback | Comments(4)