人気ブログランキング |

通訳、翻訳、音楽な日々


by sarah103
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

「Carmel」 Joe Sample

d0012141_15233937.jpg

何度かここでは紹介してきたCrusadersはJoe Sample のアルバム。
今回はJoeのソロアルバム、邦題「渚にて」。

私は3歳から中学一年生までクラシックピアノを習っていたがその後ピアノからは遠ざかっていた。大学生の頃このアルバムの表題曲「Carmel」を初めて耳にしその流麗な旋律とリリカルなピアノのタッチに感銘を受けたことをきっかけにジャズピアノを教えてくださる先生を探した。もちろんこの曲を自分で弾きたいがためである。

随分と長い間ブランクがあったため思うように動かない指。しかし忍耐強い先生は私にJoeのこの曲と「Melodies of Love」そして「Longest Night」を叩き込み、他にもLeon Russelのナンバーなどを数曲弾けるようにして下さったのだった。

結局他のことで忙しくなった私はまたピアノから縁遠い生活を送るようになり現在では指は全く動かなくなってしまった。ピアノは実家においたままであり、寂しいことではある。

Crusadersのテキサス・ファンクとも一部では形容されるグルーヴィな音に痺れっぱなしの私だが、これももとはといえばこのアルバムのJoe Sampleの叙情的な世界に惚れ込んだからである。飽きることなく聴き続けている彼のピアノ。
もはや私の人生には欠かせない生涯の伴侶ともいえるアーティストである。
by sarah103 | 2005-07-20 15:29 | 音楽