通訳、翻訳、音楽な日々


by sarah103
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2017年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ご無沙汰しています

月に一度、海外出張に出かけている。

今年はアジアが中心で、訪れたことのない国々の人たちと仕事をし、いろんな英語に触れ、新たな発見も多い。

ここしばらくは数か国の通貨が財布のなかで雑居していたので、オフの日に仕分けをしたところ。

以前出かけたバリ島で残ったルピアを綺麗に保存していたので持っていったが、途中の政権交代で、紙幣もコインもすべて様変わり。

現地の人からは“これはもう使えないよー”と一笑に付された。残念ながら、思い出として取っておくことにする。

次は久々にアメリカ。それも東や西ではなく、初めての場所で楽しみにしている。合間に長崎への出張が入る。といった最近の動向である。


さて2019年にはラグビーワールドカップが日本で開催される。

日本代表監督やスター選手を招いてのトークショーなど、プロモーションも活発だ。

また2020年の東京オリンピック開催に向け、全国の地方都市が各国選手団の事前キャンプ地としての誘致活動を行っている。

もうひとつ。今年は所縁の深い福岡の「神宿る島・宗像、沖ノ島と関連遺産群」が世界遺産登録されたが、2018年、日本からの推薦は、「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」である。

言わずもがなではあるが、長崎は遠藤周作の「沈黙」、スコセッシ監督の映画「サイレンス」の舞台となった場所であり、今回の申請では国内最古のキリスト教会の大浦天主堂、禁教下に潜伏キリシタンが信仰を貫いた時代に焦点があてられている。

福岡・宗像同様に、地元長崎は行政、市民ともに活発な動きを見せているようだ。


通訳者の1人としてこの流れに乗り、あらゆる経験をさせてもらっていることへの感謝の気持ちは忘れない。

まるで受験生のように各分野の資料読み込みに励んでいるが、すべての行事が無事に成功するよう、願っている。


by sarah103 | 2017-09-02 19:56 | 通訳・翻訳いろいろ | Trackback | Comments(2)