通訳、翻訳、音楽な日々


by sarah103
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2016年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

FACo Fukuoka Asia Collection 2016

d0012141_22443887.jpg


少し前の話になるが、3月20日のこと。恒例のFACoが福岡国際センターで開催された。
末広がりの8年目、今年もオシャレ好きなガールズで活気溢れる現場に立ち会える喜びで、気持ちも上がる。仕事の合間にショーを観て、ゲストの蛭子能収さんのトーク?に西内まりやさんの歌を聴く。相変わらずの迫力と存在感のあるIKKOさんはさすがであった。

5年前のこと。東北大震災発生直後、全国的にイベントすべてが自粛モードとなり、このファッションショー開催も危ぶまれたが、こんな時だからこそ、と開催に踏み切った福岡市。
大盛況だった当時のスピリットそのままに募金箱も継続設置で、ガールズの関心もいまだ高いことがわかり、嬉しくなった。
(九州地方の方、4月30日(土)16時よりRKBにて特番が放映予定です。)

このたびの熊本の震災には心を痛めている。
私の住むところでは被害こそなかったものの、かなりの揺れで恐怖を感じ、数日は眠れなかったほどだから、現地に住まれている方々の不安や不自由な毎日がいかに大変なものであるかは推して知るべし。
被災された皆さんが一日も早く安心して元の生活に戻れるよう、心から祈っている。
by sarah103 | 2016-04-28 23:03 | 通訳・翻訳いろいろ | Trackback | Comments(0)
4月も半ばを過ぎた。仕事をしながら自らのスキルを磨くことの必要性は日々痛感しているわけであるが、言うは易し、行うは難し。

職場でもウィスパリング、同通の頻度が増している今日この頃、このくらいでいいや、などと怠けていては先がない、と一念発起、時間を作り自主練の日々。

この春大学に入学した長女が塾の講師やサークル活動を積極的にこなしながら、新しい知識を取り込み、貪欲に学んでいる姿を目の当たりにして、母も負けてはいられないとやる気に火がついた次第。

ネットサーフィンしていると、30年位前か?と思しき通訳教材がyoutubeに公開されているのを見つけた。初めて聴いたが内容が濃く、充実している。

この国で初めて同時通訳という職業を知らしめた故・西山先生のパフォーマンスは時を経ても素晴らしい。何年経とうと、通訳の基本そして求められるスキルは変わらない。通訳学校でモチベーションも高く、学んでいた頃があらためて思い出される。あの頃の私は熱かった。

さて、練習!


by sarah103 | 2016-04-21 19:08 | 通訳・翻訳いろいろ | Trackback | Comments(0)

21世紀に生きる君たちへ


d0012141_0313247.jpg


今日は長女の入学式。

テレビでは「明日の天気は下り坂、春の嵐にご用心」と繰り返していたが、親としてはひとつづつ、こうして節目に立ち会える喜びで、晴れやかな気持ちである。

娘の入学祝にと、本を頂いた。もとは司馬遼太郎が小学校用の教科書に書き下ろしたもので、大人の心にも響く良書である。ドナルド・キーン監修の英訳も平易でとても読みやすかった。

To You Who Will Live in the 21st Century. 

私はこれから何を、娘たちに伝えてゆけるだろうか。
by sarah103 | 2016-04-07 00:38 | | Trackback | Comments(0)