通訳、翻訳、音楽な日々


by sarah103
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

雨のステイション

翻訳作業でグツグツと頭の中が煮詰まったので気分転換のウォーキングに出かけた。
「目を離すとこの怠惰な母親はきっとさぼるに違いない」という下の娘の自転車の先導で、そのうしろを黙々と歩く。すっきりした頭で帰宅し、夕飯の支度をすませたところ。

何を今さら、という気もするが6月だ。全国的に梅雨入りで、どんよりとした空模様の毎日が続く。
本格的な夏到来までの間だけど、ジューン・ブライドのはしくれとしては6月はいつでも特別。

d0012141_18511837.jpg
JR西立川駅の発車メロディにも使用されているこの曲、雨のステイションが今の気分。
やっぱり私は、天才の名を欲しいままにした初期のユーミンの一連の作品群が好きだ。
趣きがあり、風情がある。21歳でこのセンチメントを表現できるなんて凄すぎる。細野晴臣、林立夫に鈴木茂のお馴染みのプロ集団による強力サポートも効いている。『コバルト・アワー』は名盤だ。
トラックバックURL : http://sarahjoe.exblog.jp/tb/13783224
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 音楽の杜 at 2011-06-14 22:33
タイトル : 荒井由実 「COBALT HOUR」 (1975)
今月のレココレ特集は日本のロック/フォーク・アルバム・ベスト100特集。レココレにしては珍しく邦楽をフューチャーした記事ですが、内容はレココレらしいマニアックなもので、相変わらず心動かされる記事でした。 表紙ははっぴいえんど。社会人1年目の配属店の食堂のおばちゃんが大滝詠一氏のおばにあたる方で、「彼は風変わりな子供だ」といつも言っていました。はっぴいえんどを見聞きするたびに、そんな昔のことをいつも思い出してしまいます。 そして順位はもちろん1位ははっぴいえんど「風街ろまん」、2位はジャックス「...... more
Commented by 240_8 at 2011-06-14 22:36
こんばんは。
ユーミン、いいですね。sarahさんも聴いている音楽の幅が広い!
私もユーミンは荒井由実時代の4枚が最高に素晴らしいと感じているひとりです。先日細野さんの特集番組のなかで、ユーミンが細野氏のアレンジ感覚は凄かったといった趣旨の発言をされてました。確かに荒井由実時代の演奏は、当時のJ-POPの最高峰のものですね。
あと「コバルト・アワー」、私も超名盤だと思ってます。記事TBさせて頂きました。
Commented by sarah103 at 2011-06-15 21:23
240_8さん こんばんは。TBもありがとうございます。
私も雑食ですからジャンルを問わず聴きますが、240_8さんにはかないませんよ!
またいろいろ教えてくださいね。

キャラメル・ママ、ティンパンアレーは、ユーミンの音作りには欠かせず、吉田美奈子のサポートとしても大活躍でしたよね。山下達郎や大貫妙子も・・。もちろん松任谷正隆を外してはなりませんが。

このアルバム、私も他の初期作品と比べ評価が低いのが理解できません。他にも素敵な曲が収録されているのに。歌手としてみれば圧倒的な声量と自在な歌唱力の吉田美奈子が好きなんですが、ノン・ビブラート唱法?の、ユーミン独特の歌い方で表現される詩の世界は唯一無二でしょうね。あと、細野さんは天才ベーシストですし、今考えても当時のメンバーってありえないほど素晴らしいですよね。彼は語る言葉ひとつひとつが別世界のひとのような気がしてました、それは今でも。

夏に向かっておススメはサルサの帝王、Oscar D' Leonです。
軽快で人をハッピーにする要素がたくさん音につまっていますので、機会があれば240_8さんも是非^^
Commented by CELIAC ARTERY at 2013-02-22 19:16 x
僕も、無性に、「雨のステイション」を聞きたくなる時があります。
Commented by sarah103 at 2013-02-24 10:20
CELIAC ARTERYさん

はじめまして、ですね。ご訪問ありがとうございます^^
心の内側にじわっとしみこんでくるような良い曲ですよね。
ユーミンの曲が聴きたくなる日にはこの曲、はずせません。
by sarah103 | 2011-06-14 19:00 | 音楽 | Trackback(1) | Comments(4)